大和とツーリングヘGo!Go!

その土地の景色・気候・空気・香りなど、 肌で感じれるツーリングは最高ですね♪

過去のツーリング記録 2011年11月14~15日

Category: ツーリング > XJR1200  
11.11.14~15 小豆島


奥さんの有り難い言葉から始まった今回のお泊りツーリング♪
年末の仕事に備えてのんびりできるところということで、
『瀬戸内海の楽園 小豆島』で鋭気を養ってきましたヾ(●⌒∇⌒●)ノ


ルート 一日目(※詳細
自宅(6:00)~r63~泉佐野南IC~4・5号湾岸線~ハーバーハイウェイ~京橋IC~
3号神戸線~神戸淡路鳴門自動車道~明石海峡大橋~淡路IC(7:30)~R28~洲本~
南あわじ~r25~淡路島南IC~鳴門大橋~鳴門北IC~r11~鳴門スカイライン~
R11~引田の町並み(9:30)~r40~R318~土成~名物たらいうどん(10:30)~
R318~r12~阿波~脇町~うだつの町並み(12:00)~R193~美馬~高松~R11~
r33~r16~大崎ノ鼻~r16~高松港(14:10)~国際フェリー~池田港(15:10)~
R436~土庄~r254~Country Inn The White Marine(16:00)

ルート 二日目(※詳細
Country Inn The White Marine(9:00)~エンジェルロード~R436~オリーブ公園~
R436~r29~寒霞渓(10:30~11:30)~r29~小豆島ブルーライン~r27~r26~
大坂城残石記念公園~r26~R436~大坂城築城残石八人石~R436~内海~
r28~EAT(12:30)~マルキン醤油~r249~二十四の瞳 映画村~
岬の分教場跡~r28~洞雲山~坂手港(16:30)~ジャンボフェリー~三宮(19:30)~
ハーバーハイウェイ~5・4号湾岸線~泉佐野南IC~r63~R26~自宅(20:30)

走行距離  540Km(一日目355Km+二日目185Km)


早朝の目覚めもよく、日が昇り始める頃に出発です^^
大阪湾をなぞるように湾岸線、そして二輪無料のハーバーハイウェイを走り三宮へ。
そして京橋から乗り継いで神戸線へ入りました。

数日前までの予定では初日に小豆島へと予定していましたが、
今回もMBSラジオの『ありがとう浜村淳です』のなかで、
御当地天気予報のコーナーにて小豆島の予報を放送していただき、
二日目の方が気温が低くなるということなので、
走るのは初日にして、二日目は走る距離は少ないであろう小豆島でと決定!

垂水から長いトンネルを抜けると・・・
「うわぁーーっ! でっかいなぁー♪ 明石海峡大橋♪(〃^∇^)」
「あの柱のてっぺん見て!めちゃ高っ!!Σ(・口・)」
この日は横風も気にならないほどだったので、
景色を眺めながら初めて渡る明石海峡大橋を奥さんと堪能しました^^
11.11.14~15 小豆島 (1) 
高速道路を乗り継ぐとあっという間に淡路島へ到着ですね。
淡路出口のパーキングで休憩を済ませて、ここからは一般道で淡路を横断です。

時間が合えば寄り道でも考えていましたが、
通勤時間帯とまだまだ時間が早く、寄り道してもお店が開いていないんです(笑)
「時間潰すのもなんやし、一気にかまへん?w」
「いいよ^^ 淡路島何年か前に来たしね(o^-^o) 雨やったけど(笑)」
そういえば・・・雨の中の走行でしたね。
オイラは2回訪れてるけどまだ晴れの淡路島を走ったことがありません(^^;)
次回は天気の良い日に淡路島を周遊ツーリングしましょうw
ということで、由良の海岸線を走るのもやめて一気に南淡路から鳴門へ。

鳴門大橋も初めて渡ったのですが、すぐ渡りきりますねw
以前、讃岐うどんツーリングで寄った時のことを話しながら通過し、
その時とは逆周りで鳴門スカイラインを走って国道へ出ました。

播磨灘を眺めながらのんびり走り、播磨灘に面した小さな港町の引田へ。
そうです。『引田の町並み』です^^
観光地ですが平日なので人も少なく路肩にバイクを止めても平気♪
昔ながらの製法で醤油を作り続ける紅殻を壁一面に塗った醤油蔵や、
歴史ある建物、古い町並みが残っているなかで少し休憩してから出発しました。
11.11.14~15 小豆島 (2) 11.11.14~15 小豆島 (14)
奥さんから「そろそろお腹空いてきてるんですけど(-ε-)ブーブー」
「そやね。そろそろ食べようか(^^)」
二人とも朝から何も食べても飲んでもいませんからねw
少し早いお昼ご飯ということで、これもオイラには予定通り( ̄ー ̄)ニヤリッ
ここからは海辺を離れて、一度山を越えて徳島のほうへ向かって行きます。

走ること数十分、到着したのが土成ってところです。
こちらでは『たらいうどん』っていう名物があるので、
そちらを食べる予定にしてました^^
讃岐うどんとはまた違う食感で、熱々もっちもちでお腹いっぱいになりました♪
11.11.14~15 小豆島 (48)
山を越えると吉野川沿いで交通量も一気に増えました。
車の流れに着いていき、沈下橋が見えたところで次に訪れたのが、
脇町の『うだつの町並み』です。
「うだつが上がらない」の言葉の由来になったところですね(^^)
重要伝統的建造物群保存地区ということで、
周辺の美化や景観などきっちりされていて観光にもとてもいい所でした。
11.11.14~15 小豆島 (16) 11.11.14~15 小豆島 (15)
11.11.14~15 小豆島 (4)
ここからは高松へのメインルートである国道193号線で北上していきます。
高松空港までの間が快走路でした♪
お腹が減っていたら讃岐うどんも食べちゃおうかとも思っていましたが、
「まだたらいうどんでお腹いっぱいやわ(^o^)」

予定より早く高松港へ到着しそうなので、
ここから少し走って瀬戸内海の見えるところへ向かいました。
大崎ノ鼻へ訪れたのですが、
「全然アカンや~ん(´・ω・`)」
「ほんまや、、、せっかく見れると思ったのになぁ(ーー )」
残念ながら景色が霞んでいてて瀬戸大橋がくっきり見える状態ではなかったのです。
なので五色台スカイラインは走らず、そのまま高松港へ戻りました。
11.11.14~15 小豆島 (17)
予定では15時頃のフェリーと思っていましたが高松港へ到着すると、
「小豆島行きですか?(^^) 池田港行きならこれからすぐ出ますよ^^」
「えっ?でも切符まだなので買わないと・・・」
「もう出ますから、すぐバイク積んで船内で切符買って下さい^^」
「ええやん♪乗船しちゃおう(^o^)/」
ということで、高松港発の池田港着フェリーにて小豆島へ渡ることになりました。
11.11.14~15 小豆島 (5)
一時間で池田港へ着港、
そしてバイクの準備を済まし船先が開き船から陸へ降り立つ瞬間二人して、
「はいっ!小豆島へ上陸o(*^▽^*)o」「はいっ!小豆島へ上陸o(*^▽^*)o」
何ともいえない歓喜が二人の中でおこっていました(笑)

池田港から土庄辺りをすこしバイクで探索して、16時には本日お世話になる
『Country Inn The White Marine』にチェックイン。
本館で手続きを済まし、別館の部屋を案内していただきました。
11.11.14~15 小豆島 (6) 11.11.14~15 小豆島 (7)
荷物も置いたし、食事まで時間もあるのでどうしようかということで、
「暗くなってくるけど、見に行く?(^o^)」
「じゃぁ歩いていこうよ(^^)」
奥さんの徒歩での選択、、、これが結構な距離があったんです(笑)
到着間近で太陽は山の向こうへ。30分ほど歩いて疲れながら到着したのが、
天使の散歩道と呼ばれる『エンジェルロード』です。

まだ干潮時まで時間があったので道は繋がっていませんでしたが、
沢山のカップルや観光客が見に来ていました^^
もう少し待てば道が繋がってくるのでしょうが、帰りの徒歩の時間もあるので、
「道ができてなかったのがちょっと残念やね^^」
「ええやん^^ 十分に満喫できたよ(o^-^o)」
11.11.14~15 小豆島 (8)
ペンションまでの帰り道に今夜のビールを買い込んで、
とりあえず歩きながら一本プシュッ!「ぷはぁ~(●^o^●)ぅんまっ!」
お泊りツーリングはこれができるから嬉しいっ♪(笑)

食事は本館のダイニングで御用意して皆さんで食べるようになっていました。
今夜の宿泊客は、仲良し3人組って感じの女性、年配で落ち着いた感じの御夫婦、
旅を満喫していそうな一人旅の女性、そしてオイラ夫婦の4組でした。

ビールとノンアルコールビールで「カンパーイ(*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)カンパーイ」
少しずつお喋りを楽しみながらお洒落にお食事といきたいところですが、
「うまいっ♪('▽'*)」「ほんまやね(*^-^)」
料理については満足いくものばかりで、
二人とも話は少なく黙ってガッツリ食べちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
とても美味しかったです。御馳走様でした♪

食事の後は歩いてすぐの『オリーブ温泉』で一日の疲れをとって、
部屋に戻ってからは缶ビールをたらふく呑んで就寝しました。
11.11.14~15 小豆島 (9) 11.11.14~15 小豆島 (10)
11.11.14~15 小豆島 (11) 11.11.14~15 小豆島 (12)
11.11.14~15 小豆島 (13) 

翌朝は夜明けと共に目が覚めて朝の清々しい空気を満喫♪('-'*)
朝食をとり、ペンションをチェックアウト。
オーナーさんに見送られながら小豆島周遊へ出発です!
11.11.14~15 小豆島 (19) 11.11.14~15 小豆島 (18)
真っ先に立ち寄ったのが、昨夕に訪れたエンジェルロードへ。
ちゃんと道は繋がっていました(゚∇^d) グッ!!
「手を繋いで渡ったら幸せになるって言うんやで(^-^*)」
これ以上幸せになると申し訳ないので手を繋ぐのは遠慮しときました(笑)
夕暮れもよかったですが、青い海の映えたこの景観もいいですね♪
11.11.14~15 小豆島 (20)
土庄から少し走ると『オリーブ公園』へ到着です。
観光バスで周っているようで、
こちらでは沢山の方がオリーブでリーフを作っていました。
ちょうどギリシャ風車の辺りは人が少なかったのでそちらでゆっくり写真撮影。
青い空に真っ白な風車。。。ここだけ見ると日本じゃないようです(^∇^)
ほんま良い天気になってよかったぁ♪
11.11.14~15 小豆島 (21) 11.11.14~15 小豆島 (22)
11.11.14~15 小豆島 (23)
内海から県道へ進路を変更しロープウェイ乗り場へ。
訪れたのが日本三大渓のひとつともいわれる『寒霞渓』です
ここはロープウェイで眺めるのが最高!
オイラの写真の腕では全然雰囲気が出せませんので是非実際に見てもらいたい!
紅葉にはもう少しって感じでしたが絶壁を望みながらの渓谷は見応え十分でした♪
11.11.14~15 小豆島 (24)
「次はどこへ~?(o^∇^o)」
「この道でワインディングを楽しんで瀬戸内海の方へ向かおうか(o^-^o)」
ロープウェイ乗り場からくねくね道をグングンと山を上っていきます。
そして寒霞渓の駐車場を通過。
そうなんです。この寒霞渓へはロープウェイを使わなくても来れるんですが、
先ほど書いたように、せっかくならロープウェイで景色を堪能してもらいたいです^^

この道『小豆島ブルーライン・スカイライン』は
寒霞渓からさらに高い所を通る道で「うわっ!寒い~(^▽^;)」
と明らかに先ほどまでとは違う冷んやりした空気に変わるのがわかるんです。
なのでこの辺りの木々は紅葉が鮮やかで、路肩には色付いた落ち葉で綺麗でした。
途中の『銚子渓』の辺りでは猿が普通に道を横断していましたw

ワインディングを楽しんで山を下ると目の前には瀬戸内海の青い海が♪
小豆島でもこの北方は観光施設が少ないということもあるのか交通量も激減。
車よりも自転車でサイクリングを楽しむ方を多く見ましたね(^o^)
景色も良く走りやすい海岸線を楽しめました^^
11.11.14~15 小豆島 (25) 11.11.14~15 小豆島 (26)
この海岸沿いをぐる~っと周っていると思っていたより小豆島が広いと実感しますね。
この辺りでは大坂城築城の際の石切丁場跡がいくつかあり、
そのなかで国道沿いにあった史跡へ。

そこにあったのは『大坂城築城残石八人石』という石。
”この石を切り出す時に一度に8人の石工が下敷きになって死亡した”
といわれているようですね。
この辺りあちらこちらの石にのみの跡がくっきりと残っていました。
11.11.14~15 小豆島 (27)
昼時になったので、調べておいたお店へ向かいました。
昔の診療所後を利用したお店『EAT』です。
店内はレトロな作りで、ランチもとても美味しかったです(*´∇`*)
11.11.14~15 小豆島 (28) 11.11.14~15 小豆島 (29)
11.11.14~15 小豆島 (30)
お昼ご飯を食べた後は・・・奥さん恒例の「甘いもの(o ̄ー ̄o) ムフフ」
「ソフトクリームがあるけど、オリーブ?佃煮?醤油?どれにする?^^」
奥さんが選んだのは『マルキン醤油』さんのしょうゆソフトクリーム。
「なかなかイケるね♪これ(*゚ー゚)v」
11.11.14~15 小豆島 (31)
そこから近くの『二十四の瞳映画村』へ向かいました。
映画は観たことがないので先に雰囲気を味わって、機会があれば映画を観ようとw
小豆島は手延素麺でも有名なんですよね~。
ということで生そうめん食べました♪つるつるもちもちでしたよ(*^-^)
11.11.14~15 小豆島 (32) 
11.11.14~15 小豆島 (33) 11.11.14~15 小豆島 (34)
11.11.14~15 小豆島 (35) 11.11.14~15 小豆島 (36)
11.11.14~15 小豆島 (37)
そうこうしている内に時間もあっという間に過ぎてしまっています。
下の写真は映画村とは違う本当の『岬の分教場跡』です。
歩いたときの気のきしむ音、ガラス窓に当たる風での木窓の音、
さすがに本物は年季を感じ取ることができました。
11.11.14~15 小豆島 (38) 11.11.14~15 小豆島 (39)
11.11.14~15 小豆島 (40)
フェリーの時間まであと少しあったので、
近くであった小豆島八十八ケ所霊場一番札所『洞雲山』へ。
バイクでも上っていけますが、急坂で狭く大きいバイクでは辛かったです^^;
しかも「なんかここは空気が違う(゚ー゚;」「そうやね(^^;)」
今までとは違う厳粛な空気が漂っていたので側に寄れずでした。
小豆島の違う一面を垣間見たような感じがしました。
11.11.14~15 小豆島 (41)
そろそろこの辺りで帰りのフェリーの時間がありますので坂手港へ到着です。
同時刻で赤いNija250の方もフェリーに乗船する為に到着。
朝の寒霞渓で見掛けていたのでお声をかけさせていただきました(^^)

聞くと神戸の川西の方から来られて、バイクに乗り初めて一ヶ月くらいで、
早朝の便に乗船し日帰りで小豆島にツーリングに来たようです^^
これからのバイクライフ、沢山のバイク乗りさん達と出逢うといいですね(o^-^o) 
11.11.14~15 小豆島 (42) 11.11.14~15 小豆島 (43)
乗船手続きを済ませてフェリーに乗船です。
バイクから降りて客室へむかうと間もなく出航!小豆島ともお別れです。
夕暮れがせまるなかを離れていく島。汽笛が別れを告げる。。。←鳴ってないし(笑)
「アディオス!小豆島ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」
11.11.14~15 小豆島 (44) 11.11.14~15 小豆島 (45)
小豆島から神戸までの3時間の航海。
昨日今日のツーリングの話で奥さんと余韻を楽しんでいました。
「楽しい時間はあっという間やね(o^-^o)」
「もっと時間があれば他にも周りたい所もあったんやけどね~(^^)」
船上から綺麗な明石の夜景を眺めながら時間は進み三宮へ到着です。

フェリーを降りる際に赤いNinja乗りさんと挨拶を交わし、
三宮や天保山、USJのX'masツリーの光を眺めながら湾岸線で帰路に着きました。
11.11.14~15 小豆島 (46)
今回訪れた『瀬戸内海の楽園 小豆島』
地図で見れば一日で周って楽しめるだろうと思っていましたがそれがなかなかw
観光地、見所が多いので一日では時間が足りませんでした。
これでも足早に周ったつもりなんですけどね~(〃´・ω・`)ゞナカナカコレガ・・・
またいつか戻ってこれるといいな^^

なにわともあれ、小豆島の優しくてのんびりした空気に包まれ、
二人とも癒されたツーリングとなりました♪
11.11.14~15 小豆島 (47)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク
Newer Entry2012年1月10日のツーリング♪ Older Entry謹賀新年

Comments


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
◆天気予報◆
◆FC2ブログランキング◆
◆アクセスカウンター◆
◆自己紹介◆

大和

Author:大和
性別:♂
年齢:41
都道府県:大阪府南泉州

自営業を営みながら、
タンデムツーリングを楽しむ夫婦です。
気軽にコメントして下さいね♪

Bike : YAMAHA XT1200Z
camera : PENTAX K-S2

Twitter : @love_xt1200z

◆ブログ村に参加中◆
にほんブログ村 バイクブログへ
◆FC2ブログランキング◆
◆お知らせ◆
○当サイトはリンクフリー♪
◆メール◆

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ブログ村に参加中◆
◆ブログ村PV◆
◆ブロとも申請フォーム◆
◆QRコード◆
QR